業暦や店舗情報の確認だけで5割は防げる

安心してクレジットカード現金化のサービスを利用するのであれば、個別の業者の業歴を確認することです。

やはり長い歴史を誇っている業者の方が信頼性は高いです。
阿漕な商売をしていると、その情報はたちまち広がりますので長くビジネスを続けることはできないからです。

クレジットカード現金化業者を比較する場合、10年以上にわたって営業しているところであれば、まず信用できるといっていいでしょう。
業界問わず、一般的に法人を設立して10年以上存続できる業者は全体のうち5%程度といわれています。

10年以上ビジネスを続けられているところは、信用できる業者といえることがお分かりになるでしょう。

クレジットカード現金化サービスが日本で登場したのは、1980年ごろといわれています。
創成期から今でも営業しているところはあまりありません。
しかし業歴20年以上のクレジットカード現金化業者の中には、今も第一線で活躍しているところもあります。
これだけの長い間営業を続けられているのは、サービス利用時のトラブルがまずないからでしょう。
このような歴史の長い業者を利用するのは、後々トラブルを回避するためにも重要なことです。

特にお金を取り扱っているクレジットカード現金化業者は、歴史の長さを重視しましょう。